気を付ける事は?

未分類

Pocket

名刺デザイン例名刺作成サービスはとても便利なのですが注意することがあります。
それは自分で原稿を作成しなければならないサイトがあることです。
名刺サービスサイトには大きくわけて2つの作成方法があります。

1つはテンプレートに必要事項を入力する、もう1つはグラフィックソフトで自分でデザインしたものをWEB上で入稿する方法です。
最近は後者が増えてきていますが、デザインソフトを持っていない方にはややハードルが高いのではないでしょうか。

その点前者のテンプレート入力なら選んだデザインにあらかじめ配置されたテンプレートに入力するだけなので手軽に名刺が作成できます。
テンプレートの位置や大きさはマウスのドラッグで変更することもできますからある程度自分の好きなデザインにすることも可能です。ともあれ、印刷会社に出向いて営業マンと打合せするよりも早く、しかも安くでできることは確かです。今では一枚10円を切る価格は当たり前になってきています。

名刺作成は今では誰でも手軽に出来るようになりました。画一的な名刺ではなく、自分のオリジナリティを出し、一枚出しただけで相手に覚えてもらえる、そんな名刺をぜひインターネットで作ってみませんか?

 

名刺のデザインで個性を表現

名刺は、社会人として持っておきたい、ビジネスグッズの、ひとつです。会社勤している人であれば、あらかじめ、会社でデザインされたものを支給されることとなりますが、もし、自分で名刺をデザインできる環境であるのであれば、自分自身の個性を1枚の名刺で表現できるように、デザインを考えたいです。いただいた名刺を整理していると、デザイン性の高いものであると、その会社自体であったり、またはその個人であっても気にはなります。

最近では、名刺のアイデアもさまざまで、いただいた際に、思わずうれしくなってしまうようなものもあります。名刺一枚で自分の個性などを表現できれば、目にも止まり、それがビジネスチャンスにも、繋がる可能性もあります。たくさんある名刺の中で、存在感のある、決して捨てられない名刺に仕上げたいです。

逆に、いただいた名刺を、参考にしたり、好きな要素を取り入れたりと、楽しみながらデザインをして、お気に入りとなる一枚を作製したいです。

オリジナル名刺の作成について

オリジナル名刺の作成を手掛けたいと思い、デザインの選定から始めたいと思います。オリジナルな名刺のデザインの作成は、ビイジアルにするかロジックにするか又はポジティブで行くか等を想像して作成します。文字はアートチックに描き、ポップ調で仕上げ、オリジナルな名刺の作成を目標とし、仕上げていきます。

用紙の色は白が基本で行きましょう。文字の色は当然黒でしょう。そこに変化を加えてローマ字を入れていきます。ローマ字は氏名と住所が基本、社名もローマ字で作成してみます。枠を付け強調して、見栄えを良くしていきます。名刺の厚さも用紙で決まりますが、なるべく厚めが良いと思います。

また、用紙は、水に濡れても良い物を選びましょう、徒然印刷で問題が出そうなので、パウチで加工もおすすめです。しっかりしたオリジナルな名刺が作成されましたが、ちょっと多く作れないのが難点ではあります。そこで、一工夫A4に印刷しカットをしてみました。まあまあ行けるが、また苦難がありそうです、

名刺サービスの種類

未分類

Pocket

パソコンインターネットで名刺サービスが始まったのは今から20年ぐらい前です。外資系のサイトで、当時は発注すると海外で製作して日本のユーザーに国際郵便で届けていました。また、そのころは無料サービス名刺には裏面にその会社の広告が載っていて、実用にはやや不向きでした。

その後国内でも名刺サービスを展開するサイトが増え、今では「名刺サービス」で検索すると3ページくらいはずらっと業者のサイトが並んでいます。大抵の業者は種類別に名刺を分けていますから、自分の目的によって好きなデザインを選べるのです。

親子名刺・ママ名刺・ペットの名刺・趣味の活動用の名刺などのカジュアルでかわいいデザインのもの、氏名・会社名・役職名・会社の住所・電話番号・メールアドレス・webサイトのURLまでテンプレートに入っているビジネス用、それらもカラー・白黒と多彩なデザインが豊富にそろっています。ほとんどのサイトが初回無料サービスを行っていますから、試しにいくつか実際に名刺を作ってみて、自分が気に入ったサイトを継続利用するといいでしょう。ただし、サイトによって無料の枚数は100枚・50枚・20枚など異なりますので注文するときはよく確認してください。

 

少量ならパソコンで。大量なら業者へ。名刺印刷は需要に合わせて。

何百枚ぐらいだったら家庭用のプリンターで名刺印刷ができます。あまり使わなくても必要な時がたまにある人はその方が安上がりです。営業職で大量に名刺印刷をしてほしい人はネットで業者を探すといいです。いろいろな所から見積もりをとって見比べてみるといいです。ある程度安くてもそれなりに綺麗な名刺印刷ができます。家庭用のプリンターでも十分綺麗なので、業務用の印刷機械もそれなりに性能がいいのです。

昔仕事の関係で印刷機械の展示会に行ったことがあります。機会があれば行ってみるべきです。印刷機械が日々進化しているのが分かります。特に展示会は業者が腕を競っている場所でもあります。良い機械ばかり揃っているのです。名刺印刷は年間を通して需要が多いです。

パソコンで作る人は増えていますが全員が全員パソコンを使えるわけではないのです。自分のアピールのためや会社の宣伝のためにも名刺印刷は必要になってきます。最近はデザイン性がでている名刺も増えてきています。シンプルな物もいいですがデザイン性があった方が印象には残ります。

どのような特徴の名刺を作るべきか

最近、印刷機の性能向上も相まってか、特徴的な名刺を良く見かけるようになってきました。名刺は名前を相手に覚えてもらうための道具ですから、特徴を持たせて、オリジナリティ溢れる名刺を作る、というのはたしかにとても効果的です。例えば綺麗な自然の写真を背景にした名刺は、見てて爽やかな印象を与えます。例えば紙ではなく木で出来た名刺は、見た目にインパクトもありますし、材木次第では優しい香りがして好印象です。

そういった名刺もいいですが、似顔絵や、本人の顔写真をプリントし、名前を大きめにしたものはどうでしょうか。パッと見た時に、本人の名前と顔が一緒に目に入る。相手に顔と名前を覚えてもらう道具としてのデザインとして、これほど適したものは早々ないでしょう。

顔と名前を直結して覚えて貰うなら顔写真のほうがいいかも知れませんが、似顔絵だと話題の種になりやすいため、渡した相手以外にもおぼろげに印象を与えられるかもしれません。