名刺サービスの種類

未分類

Pocket

パソコンインターネットで名刺サービスが始まったのは今から20年ぐらい前です。外資系のサイトで、当時は発注すると海外で製作して日本のユーザーに国際郵便で届けていました。また、そのころは無料サービス名刺には裏面にその会社の広告が載っていて、実用にはやや不向きでした。

その後国内でも名刺サービスを展開するサイトが増え、今では「名刺サービス」で検索すると3ページくらいはずらっと業者のサイトが並んでいます。大抵の業者は種類別に名刺を分けていますから、自分の目的によって好きなデザインを選べるのです。

親子名刺・ママ名刺・ペットの名刺・趣味の活動用の名刺などのカジュアルでかわいいデザインのもの、氏名・会社名・役職名・会社の住所・電話番号・メールアドレス・webサイトのURLまでテンプレートに入っているビジネス用、それらもカラー・白黒と多彩なデザインが豊富にそろっています。ほとんどのサイトが初回無料サービスを行っていますから、試しにいくつか実際に名刺を作ってみて、自分が気に入ったサイトを継続利用するといいでしょう。ただし、サイトによって無料の枚数は100枚・50枚・20枚など異なりますので注文するときはよく確認してください。

 

少量ならパソコンで。大量なら業者へ。名刺印刷は需要に合わせて。

何百枚ぐらいだったら家庭用のプリンターで名刺印刷ができます。あまり使わなくても必要な時がたまにある人はその方が安上がりです。営業職で大量に名刺印刷をしてほしい人はネットで業者を探すといいです。いろいろな所から見積もりをとって見比べてみるといいです。ある程度安くてもそれなりに綺麗な名刺印刷ができます。家庭用のプリンターでも十分綺麗なので、業務用の印刷機械もそれなりに性能がいいのです。

昔仕事の関係で印刷機械の展示会に行ったことがあります。機会があれば行ってみるべきです。印刷機械が日々進化しているのが分かります。特に展示会は業者が腕を競っている場所でもあります。良い機械ばかり揃っているのです。名刺印刷は年間を通して需要が多いです。

パソコンで作る人は増えていますが全員が全員パソコンを使えるわけではないのです。自分のアピールのためや会社の宣伝のためにも名刺印刷は必要になってきます。最近はデザイン性がでている名刺も増えてきています。シンプルな物もいいですがデザイン性があった方が印象には残ります。

どのような特徴の名刺を作るべきか

最近、印刷機の性能向上も相まってか、特徴的な名刺を良く見かけるようになってきました。名刺は名前を相手に覚えてもらうための道具ですから、特徴を持たせて、オリジナリティ溢れる名刺を作る、というのはたしかにとても効果的です。例えば綺麗な自然の写真を背景にした名刺は、見てて爽やかな印象を与えます。例えば紙ではなく木で出来た名刺は、見た目にインパクトもありますし、材木次第では優しい香りがして好印象です。

そういった名刺もいいですが、似顔絵や、本人の顔写真をプリントし、名前を大きめにしたものはどうでしょうか。パッと見た時に、本人の名前と顔が一緒に目に入る。相手に顔と名前を覚えてもらう道具としてのデザインとして、これほど適したものは早々ないでしょう。

顔と名前を直結して覚えて貰うなら顔写真のほうがいいかも知れませんが、似顔絵だと話題の種になりやすいため、渡した相手以外にもおぼろげに印象を与えられるかもしれません。

名刺を手軽にネットで作ろう

未分類

Pocket

インターネット、そしてビジネスの世界は日々進歩しています。その中でも今多くのサービスがあるのが名刺作成です。名刺といえば20~30年ぐらい前までは印刷会社で作ってもらうものでしたが、現在はインターネットで簡単に、印刷会社に出向く事もなく作れてしまうのです。

名刺印刷会社に頼まなくても自宅のパソコンとプリンターで作るという方もいらっしゃるでしょう。しかし、自家製の名刺は趣味の仲間・ママ友の交流・ペット名刺などプライベートな利用には使えますが、ビジネスの場においては「手作り感」が見えてしまうので信用度は今一つというのが現状です。印刷会社で作った名刺と手作り名刺とではいわばスーツと普段着のようなもの。どちらが印象がいいかというと、言うまでもありません。

最近の名刺サービスは印刷会社が立ち上げたものが多く、紙の質、インクの発色、活字の美しさなどは自家製の名刺には敵わないのです。また、自家製名刺のインクジェットインクは水に弱いという短所もありますがネットの名刺サービスはそんな心配も不要です。

もちろん、プライベート用の名刺でもインターネットで作成すると自家製名刺との差別化が図れますし、「自分はデザインなどできないから…」と今まで尻込みしていた方も、インターネットの名刺作成サービスなら好きなデザインの名刺が作れるのです。

デザインも豊富で自分の個性に合わせた名刺ができると最近評判の名刺作成サービス、どんなものがあるのかまとめてみました。

 

名刺作成の業者について

以前名刺作成を考えたとき、ネットで仕事を請け負っている会社にお願いした。仕上がりがきれいで速くてしかも安くて感激したものだが、その後その会社は閉鎖されてしまい、その旨の挨拶メールが届きました。

既に名刺がなくなってしまっていたため、今度はどこに頼もうかと考えているうちに、フリーランスの仕事は一旦やめて、オンサイト勤務になったため至急作成しなければならないという状態ではなくなり、結局名刺は切らしたままになっていました。先日勤務先の小川町の駅で降りると印刷店の広告の入ったティッシュを配っている人がいて、何気なくその文章を見るとひと箱1000円と書いてありました。

ネットでなくともこんなに安くお願いできるものなのかと、もし必要となればお願いしてもいいなと思った。考えてみると、名刺などちょっと器用な人なら、パソコンで自作の名刺を作ってしまうだろうし、名刺作成もあまり単価が高いと商売にならないのだろうなと思いました。パソコンが普及して以来、家で出来ることも増えたため、結構維持していくのに大変なビジネスも増えているのでしょうか。

 

名刺は会社の顔ですので信頼を損なうような印刷をしてはいけません

仕事をしていれば名刺をもらう機会も多いですので自分も持っておいたほうが無難です。大きい会社ならば会社が印刷屋さんに注文して会社のフォームに則った名刺を作ってくれるところも多いのですが最近は大手の会社でも市販のプリンターで印刷したような名刺を使っているところが多くなりました。

経費削減のためにどこの会社でも1円でも惜しむのは当然で良いことだと思います。ただ自前で名刺を作るとどうしても安く見えてしまいます。紙質の悪さや印刷の悪さが会社の質の悪さにも重なって見えてしまうのでそこは注意が必要です。

まず紙は少し厚めで腰のある方が印象が良いです。また名刺印刷用の専門紙があって10枚程度をまとめて印刷できるようになっていますが、これを切り離すときにミシン目の跡が残っているのも安っぽく感じます。経費を削減するのは良いことですが、名刺は会社の顔でもありますので信頼を失うような名刺は作らないようにしなければいけません。