気を付ける事は?

未分類

Pocket

名刺デザイン例名刺作成サービスはとても便利なのですが注意することがあります。
それは自分で原稿を作成しなければならないサイトがあることです。
名刺サービスサイトには大きくわけて2つの作成方法があります。

1つはテンプレートに必要事項を入力する、もう1つはグラフィックソフトで自分でデザインしたものをWEB上で入稿する方法です。
最近は後者が増えてきていますが、デザインソフトを持っていない方にはややハードルが高いのではないでしょうか。

その点前者のテンプレート入力なら選んだデザインにあらかじめ配置されたテンプレートに入力するだけなので手軽に名刺が作成できます。
テンプレートの位置や大きさはマウスのドラッグで変更することもできますからある程度自分の好きなデザインにすることも可能です。ともあれ、印刷会社に出向いて営業マンと打合せするよりも早く、しかも安くでできることは確かです。今では一枚10円を切る価格は当たり前になってきています。

名刺作成は今では誰でも手軽に出来るようになりました。画一的な名刺ではなく、自分のオリジナリティを出し、一枚出しただけで相手に覚えてもらえる、そんな名刺をぜひインターネットで作ってみませんか?

 

名刺のデザインで個性を表現

名刺は、社会人として持っておきたい、ビジネスグッズの、ひとつです。会社勤している人であれば、あらかじめ、会社でデザインされたものを支給されることとなりますが、もし、自分で名刺をデザインできる環境であるのであれば、自分自身の個性を1枚の名刺で表現できるように、デザインを考えたいです。いただいた名刺を整理していると、デザイン性の高いものであると、その会社自体であったり、またはその個人であっても気にはなります。

最近では、名刺のアイデアもさまざまで、いただいた際に、思わずうれしくなってしまうようなものもあります。名刺一枚で自分の個性などを表現できれば、目にも止まり、それがビジネスチャンスにも、繋がる可能性もあります。たくさんある名刺の中で、存在感のある、決して捨てられない名刺に仕上げたいです。

逆に、いただいた名刺を、参考にしたり、好きな要素を取り入れたりと、楽しみながらデザインをして、お気に入りとなる一枚を作製したいです。

オリジナル名刺の作成について

オリジナル名刺の作成を手掛けたいと思い、デザインの選定から始めたいと思います。オリジナルな名刺のデザインの作成は、ビイジアルにするかロジックにするか又はポジティブで行くか等を想像して作成します。文字はアートチックに描き、ポップ調で仕上げ、オリジナルな名刺の作成を目標とし、仕上げていきます。

用紙の色は白が基本で行きましょう。文字の色は当然黒でしょう。そこに変化を加えてローマ字を入れていきます。ローマ字は氏名と住所が基本、社名もローマ字で作成してみます。枠を付け強調して、見栄えを良くしていきます。名刺の厚さも用紙で決まりますが、なるべく厚めが良いと思います。

また、用紙は、水に濡れても良い物を選びましょう、徒然印刷で問題が出そうなので、パウチで加工もおすすめです。しっかりしたオリジナルな名刺が作成されましたが、ちょっと多く作れないのが難点ではあります。そこで、一工夫A4に印刷しカットをしてみました。まあまあ行けるが、また苦難がありそうです、